スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めおと♡イジイジ

寒い暖かいは、気にしない?毎晩真夜中に潜り込んで来るフリーダ。
気温高めのここ数日は犬肌暑さに連夜の悪夢、今夜も?



快晴の空が気持ちいい。
病院day、ここずっと晴れてくれて大助かり。

sky-20151113.jpg
一昨日の西から広がる薄雲はやがて厚みを増して、昨日は終日雨。今日も一日雨の予報。

fritake-20151114-PA01.jpg
13日、病院に向う途中休憩のPA、欅は葉を落として初冬の景色になっていた。
落ち葉を踏むとカサカサと音がする。10日でこんなにも季節は進むんだね。

fritake-20151104-PA02.jpg
10日毎に見る風景、4日にはまだ落ち葉の絨毯がきれいだったんだよ。
同じなのは、放射冷却で朝がとても寒かったってところ。

take-20151114-PA01.jpg frida-20151114-PA01.jpg
fritake-20151104-PA01_20151114210931638.jpg
診察前にトイレタイムにならないように途中のPAで出すもの出してスッキリと、ね( ´艸`)
晴れた日はトイレ休憩ものんびり出来ていいよね。冷たい雨じゃこうはいかないもん。

病院では半年毎の血液検査(たけちゃんのみ)とフリの検診。
診察と検診、投薬を終えた帰り道は、一般道に降りて休憩とお買い物。

fritake-20151114-town01.jpg
『早ぅ!』首を長くしてドリンクの給仕を待ってるたけちゃん。
お散歩大好き♡お出掛け大好き♡いつでも遠足気分になれる男

骨型のこれ↓可愛いっ

bone-20151113.jpg
フリたけを繋いだスーパーや衣料品の大型店舗が立ち並ぶ一角にある休憩スペース。
足元に設置してあるから最初はオブジェかと思ったのだけど、係留のためのものだよね?

遊びごころあるデザインて楽しくなるね

fritake-20151114-town03.jpg
『もっとくれんかの?』
お腹一杯食べても飲んでも足りないんだよね?たけちゃんは..


たけちゃんの血液検査の結果は、御老体ながらも素晴らしい内容で一安心。
左目上瞼のイボンヌも微々成長アリだけど悪さナシの現状維持。

ここ数カ月服用していたフリの薬が朝晩2回→1日1錠のものに変わって10日経つけれど、
副作用もなく順調、フリの検診も変化は見られず現状維持。

仲良く維持維持、イイじゃな~い

fritake-20151114-town02.jpg
『なぁ?聞いとるのか?』
聞いてるよ~♡

fritake-20151114-town04.jpg
『じゃあ、見えとるのか?』
しっかり、デッカく見えてます

心配ごとが消えてなくなるなら、その方がきっと良いに決まっているのだけど、
病気を患ったとしても、気持ちや考え方次第で前向きに暮らすことは出来るはず。

fritake-20151114-town00.jpg

素敵な瞬間を見逃さないように笑って。
笑ったらまた、その次もあるから、ね。


笑う門には福来ルン
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

ご訪問、拍手いいね!いつもありがとうございます!!
見守り応援 励みになります
スポンサーサイト

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

寒気の悪気

最強寒気、我が家の中にも足跡くっきり。
明日は雨、これほど強い寒気、これが最後であってほしい。



今日のたけちゃん、10分置きにチッコ~U´エ`Uの頻尿で午後、病院を受診した。
尿道炎もしくは、膀胱炎の診断で抗生物質と消炎剤のお薬2種、15日分。

ことの始まりは、昨夜の夜中の不調から始っていたんだろうと思う。
毎晩、8時半から9時には最後のチッコをして就寝、朝までグッスリのはずが
昨日の晩は、違っていた。

11時半頃と夜中の1時少し前に飛び起きて玄関へ。
庭に出してあげるとウロウロ~ウロウロ~、一回目はチッコ。
2回目はチッコの後、うんPingスタイルのままウロウロ~ウロウロ~。
ようやく少量ブツを出した後は、スッキリしたのか?静かな寝息が聞こえていた。

今朝は少しゆっくり目の起床だったけれど、元気もあってご飯も完食。
昨夜、コロコロうんPだったことから、ちょっとお腹が(便秘気味?)不調かな?
と原因を考えていたのだけど、お昼頃からトイレが10分置きになった。血尿はなし。

病院で、

先生: たけちゃん、お宝舐めてませんか?
あ、はい、確かに舐めてました、普段から少し尿漏れがあるので気になるようです。

先生: 舐めることによって雑菌が上がって繁殖、炎症、膀胱炎等になります。
    寒さも原因にはなりますが、寒さだけではなくそこには必ず、菌の繁殖があります。

そうだよねぇ。。

おしも繕いがダメって言うのじゃなくてね、限度があるよね、って話。
たけちゃんはスッキリ出したつもりでも、チタチタ漏れるのが気になってしまう。
おトイレの後は、温タオルなどで清潔にして手早くオムツを当てるのだけど、
たけちゃん、トイレの帰り道の途中で自分でキレイキレイしちゃう時もあったり。

take-20150210-oheya01.jpg

昨夜、お庭に出た頃は風も静かになって、雪もチラチラ程度だったのは幸いだったけれど、
最強寒気の晩のこと、寒さは一段と厳しかった。
ここ数日の寒さも手伝って、体の、菌に対する抵抗力が低下していたのかな。。
暖かい小春日和も増えて緩んだ体に堪えたよね、この寒さ><

室温や湿度、水分摂取量、トイレを我慢させない、体を冷やさない。
気を配っていても避けられない、なる時はなる、フリの時と同じ。

frida-20150210-oheya01.jpg

フリーダは、フリーダでお昼前に朝ご飯を戻しちゃった><
元気あり食欲旺盛で、こちらは様子見。
昨夜のことで家の中がザワザワした感じに反応しちゃったかな。。
たけちゃんがトイレに行く度に一緒に起きて来て、見守っていた繊細フリーダ。

夕食からお薬の服用が始ったたけちゃん、落ち着いてトイレもやや正常化。
フリは、介護食と軟らかくしたフードでその後は戻さず復調、ブツは正常。

fritake-20150210-oheya01.jpg

朝からほとんど寝てないフリたけ、今夜はゆっくり休んでね。


寒いのぅ。。寒いNO!さらば
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

ご訪問、拍手いいね!いつもありがとうございます!!
見守り応援 励みになります

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

わしちゃんとフリさんの病院納め

スーパーの飾りは迎春、散歩道には門松
お正月か~、お正月と言えばお年玉‥、お年玉袋まだ残っていたかな。。



25日は、病院納め。
帰り道、青空の覗いた冬空にほっとした。

sky-20141225.jpg

シニア犬ともなれば、起床時に足の動きがぎこちないのは当たり前なのだけど、
たけちゃん、いつもとちょっと違うなぁ、と感じたのが23日。

朝ご飯早ぅ、早ぅな感じもなく、キッチンに来たもののすぐにベッドに横になった。
ご飯は完食、食欲はあったけれど立っているのが辛かったみたい。
食後のアキレスの催促もなく、食ったから寝るって、キッチンでそのまま寝ちゃった。

24日、25日も程度の差こそあれ、朝はそんな感じ。
日中、夕方と元気度は上がるし、お散歩も行きたがるのだけど、足腰周りのお世話をすると
膝がカクンとしてへたり込んでしまったりで、25日に病院を受診した。

take-20141225-car01.jpg

たけちゃんを迎えてから心臓のエコーや一般健診として半年に一度の血液検査、
聴診など毎月の健康チェック、気になることはその都度診てもらって来たけれど、
脚(足)のレントゲンだけ未撮影。
で、撮ってもらった上で診察を受けた。

結果、左脚の、人で言う膝に当たる部分の内側に石灰化が見られた。
過去に何かがあって、左の膝の周りが石灰化したものらしい。

このことで何か治療が必要って話ではないのだけど、お世話する時、触られると
嫌な感じが見てとれるのが右脚だったから、ずっと不具合は右の関節とばかり思っていた。

右脚と左脚では腿の筋肉の付き方も違っていたし、確かに関節ではなくとも神経か何かの
不具合があるのだろう、と先生からのお話もあった。
元々、尻尾の付け根を骨折した形跡もあるたけちゃん、怪我をしても治療などは望めず、
自然治癒で乗り越えるしかなかったはずで色々出ても不思議じゃない。。

fritake-20141227-sanpo01.jpg

脚の不具合は、加齢に加えてこの寒さと慣れない雪道を歩くことの影響も大きかったと思う。
散歩だけじゃなく、お庭の路面の状態とかね。

今のところ、常時痛がる様子などはないけれど、更に注意深く様子を見ていこうと思う。
お散歩大好きなたけちゃんの外に出たい、歩きたいって言う気持ちと寒さ・雪道対策の
バランスをうまく取りながらね。

それから、病院に向かう途中で気がついた左目の多量な目ヤニ。
病院に着いて見てみると片目だけ充血していた。
以前、左目の上瞼にポチっと小さなイボがあるって書いたけれど、これも少しずつ大きく
なってはいるものの、今のところ眼球への影響はなく充血の原因でもないとのお話だった。

take-20141227-kicchin01.jpg

充血するからには何かあるんだろうけど、何かは特定出来ず、抗菌目薬1種類を1日3回。
こちらも、点眼薬で暫く経過を見守ることになった。

fritake-20141227-kicchin01.jpg

26日からは、催促パンチも繰り出すいつものたけちゃん。
見た目はちょっと(´▽`;)だけど、キッチンの通り道にも滑らない対策を今あるもので。
大々的リニューアル、もうちょっと待っててね

すっかり復調のフリーダも、経過観察はこれからも続くけれど無事病院納め。


色々あって今年も病院通ったなぁ(´ー`;)
望まずにいても病気になったりしたけれど、みんな頑張った。
こうしてお家で年を越せることが、とても嬉しい



風吹けば流れる雲広がる青空
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

ご訪問、拍手いいね!応援いつもありがとうございます!!
拍手コメントもありがたく読ませて頂いています

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

ホントの元気

大雪のあとは雨模様、足跡の中に小さな水たまりがたくさん。
解けず凍らずの気温2度、中途半端が困りもの。



いつもの年より早かった積雪。
朝起きて雪が積もっていたら嬉しかったものだけど、年々テンション下降中(´▽`;)

fritake-20141206-sanpo02.jpg
ちょっと積ったくらいなら喜べたのかな?
これはちょっと積りすぎた感が否めなかった6日の朝のいつもの公園。

たけちゃんも関東育ち、こんなに積った雪は初めてだったでしょう?

fritake-20141206-sanpo01.jpg
ちょっと心配したけれど、雪を嫌がることもなくフリーダと並んでこの冬初めての雪道散歩。
フリーダのしっぽも上を向いて、またいつもの調子が戻って来て嬉しい♪

もう、大丈夫?

frida-20141204-oheya01.jpg

うん

frida-20141204-oheya02.jpg

先月末の抜糸の少し前、フリーダの下腹部が日に日に膨らんで病院を受診した。
退院時の左後脚の腫れもそうだったのだけど、溜まっていたのは漿液。

術後に溜まる体液なのだけど、この漿液の分泌量が多く体内への吸収が間に合わなかった。
で、病院で抜いてもらい、そのあとに炎症を抑えるためのステロイドを注入した。
その後は、お腹はスッキリしたけれど多飲多尿。
これは、薬の副作用と分かったのだけど‥。

食欲もあり、散歩中はそれなりに元気な様子にもかかわらず、家の中では小刻みな震えと
横になってもなかなか寝付けず愚図って泣く様子、夜泣きで目が覚めたこともあった。
薬の副作用じゃなかったら何?
本当のところは分からないけれど、心因性のものではないだろうかと、フリーダの場合は、
そう思えて。。

泣き虫でぼっちが嫌いなフリーダ、4日の入院もひとりで泣かずに頑張った。
毎日お見舞いには通ったけれど、それでも寂しさは拭えなかったでしょう。
年に2度も大きな手術を経験したこと、退院出来て安堵したところに病院に通って何度も
ひっくり返されたら、気分は果てしなくブルー。だったよね?

たとえそれが、必要なことであったとしても。

frida-20141205-oheya01.jpg
12月2日、念のために甲状腺機能などホルモン数値の検査もしてもらい異常はなかった。
傷跡も日に日に綺麗になって、夜泣きも震えも出なくなった。

『フリちゃんは、大丈夫。』
うん、本当だね、フリはもう大丈夫。

fritake-20141207-sanpo01.jpg
元気があってもなくても、たけちゃんは心穏やかにいつもフリの隣に居てくれて、
わたし達、人では補えないものをフリに与えてくれていたのだろうね。

ほら、しっぽピーン(´▽`)♪

fritake-20141207-oniwa01.jpg
晴れた日は、写真に収めた雪が青く映ってキレイだね

今朝の雨の止み間の雪道散歩の帰り道、
行く先をデイケアに出掛けるご近所さんが歩いていた。

fritake-20141208-sanpo02.jpg

『おばあちゃん、足元気をつけていってらっしゃい。』
fritake-20141208-sanpo03.jpg

人に優しく、わんこに優しく。
そうね、そうね。

fritake-20141207-oheya01.jpg

冬の晩は、夜が早いめおとです


人犬老若男女元気に冬越そう
にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
にほんブログ村

ご訪問、拍手いいね!応援いつもありがとうございます!!
拍手コメントもありがたく読ませて頂いています

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

癌の発現と経過詳細

度重なるアイちゃんの悪性腫瘍の発現に遠方の友人が漢方治療の病院を紹介してくれた。
人の漢方治療の効果については、自分自身に治療経験があったので効果はあると感じる。

犬や猫はどうなのかな?
治療をする、しないは置いておいて、お話だけでも聞かせてもらおうと思いメールした。
以下、覚書として記す送信したメールの内容。

**************************************************************************

Hペッツクリニック東京
Doctor H 様


はじめまして。
ルーベル地方在住のりんごの木と申します。
ももちぇりさんからの紹介で、メールさせて頂きました。

愛犬(ビーグル アイビー ♀ 6.8キロ 推定13歳)が昨年、癌になりました。
経過、詳細は以下にまとめさせて頂きました。
また、数枚画像を添付しております。

ai-20130727-oheya02-c.jpg ai-20130830-oheya03-c.jpg ai-20130920-oheya01-c.jpg ai-20130926-oheya01-c.jpg


漢方にて、今後のアイビーの生活の質が少しでも向上するのであれば
お話を聞かせ頂きたく思っております。


■ 癌の発現と経過詳細 ■

昨年、11月下旬右脇腹の表皮の下に小さなシコリを感じました。
常に体を触っていたこともあり、それは突然に表れたと言う感想を持ちました。

11月21日 在住県のS動物病院にて針生検を行う。6.5キロ
       院内の簡易検査にて悪性の疑い、細胞診に出す。
       (右腹部筋間にφ8ミリ大のやや硬固感のある腫瘍)

   26日 細胞診の結果、非上皮性・腫瘍性・繊維肉腫などの悪性疑い。
   29日 手術で腫瘍、周りの皮膚組織等広範囲に切除。病理組織検査に出す。

12月06日 血管肉腫と判明。
       腫瘍は取り切れており、静脈侵襲、リンパ管侵襲共に認められなかった。
              
→ 外科的処置のみ行い抗がん剤等の治療は、望みませんでした。

この後から、定期的に切除部分のエコー、レントゲンを撮りながら
経過観察の療養生活に入りました。

**************************************************************************

今年5月末の定期検診(エコー)で前年の切除部、右脇腹の内部に
腫瘍らしきものを発見。直径2.5センチ前後の球体。

→ 外科的処置、化学療法等は望みませんでした。

**************************************************************************
       
7月初旬に左頸部にシコリを感じました。
ほんの数日でシコリが大きくなったこともあり病院を受診し検査を依頼しました。

7月06日 動物病院にて新たにもう一つシコリを発見、針生検を行う。6.58キロ
      院内の簡易検査にて悪性の疑い、細胞診に出す。
      (左頸部にφ5ミリ大の腫瘤)
      後に、繊維肉腫疑いとの返信。
      
  10日 腫瘤が急速に大きくなったこと、前年に血管肉腫を患ったこともあり
      細胞診の結果を待たずに手術にて皮膚組織を出来る限り広範囲に切除。
      病理組織検査に出す。

  20日 脂肪肉腫と判明。
      腫瘍は取り切れており、静脈侵襲は認められなかった。
      但し、リンパ管侵襲は認められた。

→ 外科的処置のみ行い、化学療法等は望みませんでした。

**************************************************************************

8月01日 右頬が腫れているような気がして口内を確認。
      奥歯のあたり、歯茎外側に小指先くらいのデキモノを発見。

  17日 口内腫瘤は日に日に大きくなる。
      定期検診時に診てもらい、口腔内メラノーマ(悪性黒色腫)の可能性が高いと診断。

→ わたしのような素人でも見た目での判断がつくような典型的なメラノーマでした。
  外科的処置、化学療法等は、望みませんでした。

**************************************************************************

8月25日 急な咳き込みの後、後肢が立たず軽い痙攣が見て取れました。
  26日 やはり、咳き込みの後に後肢のもつれ、軽い痙攣、頭部の揺れ(数度ピクンと)

  27日 受診、肺音心音に異常なし。
      レントゲンで確認する限り肺転移等の所見は見当たらなかった。

→ 変形性脊椎症もあること、脳からの影響も考えられるとのこと、口内腫瘍からの
  出血が認められたもことあり、投薬が開始されました。
  現在は、滲む程度で多量な、常時出血などはありません。

  ステロイド剤 プレドニゾロン5mg 抗生物質 ミノペン50 一日一回1錠ずつ

**************************************************************************

9月11日 やや激しい痙攣発作、足腰が立たない、目が見えない、右旋回、落ち着きがなくなる。

→ 2時間ほどで症状は治まってゆき視力も元に戻る。
  この後、14日、22日と発作がありました。経過はほぼ同じ。

  13日 脳転移が疑われるとのことでグリセリンが処方された。

**************************************************************************

サプリメント  イペット・パンフェノン(メラノーマ発現の後からは服用していません)
癌に由来する治療、投薬のみで、他の疾患に対する投薬はありません。
痙攣発作の症状が頻発するようになった場合には、抗癲癇薬開始の予定です。


現在、覚束ない足取りではありますが、トイレも自力で出来ます。
高齢なりにですが、元気はあります。
ただ、日によって活発な時と、一日中マッタリ(グッタリではなく)な時を不定期に
繰り返すような毎日です。
夜は、やや興奮して寝つきが悪い日もありますが吠えたりなどは一切ありません。
朝になれば目が覚めます。
外出日、発作の翌日や補液日(まれにあります)の午後からなど、疲れやすいようです。
癌性の痛みは、感じていないように見受けられます。


8月に入り激しい食のムラ、水分摂取量の低下に悩まされるようになりました。
動き回ることも出来、食べる気もあるのですが、好きだったものも口にしなくなり、
手作りご飯は完全に拒否、フードもドライのみで、ウェットタイプは一切口にしません。

ステロイド等の投薬が開始されてからは、食欲、水分摂取量も若干増える傾向に
ありましたが、それも波があり、まったく食べない日はないものの、依然として
食ムラと選り好みに一喜一憂する日々です。
口内の腫瘍は、内側には広がっておらず、今のところ食べることに支障はないようです。

癌と分かった時、可能なことはやろう。と思いました。
当時は高齢でありながらも健康体でしたので、手術を行いましたが、その後の負担を考え、
抗がん剤などは望まず、また主治医もこれを勧めませんでした。
疑問はお話し、納得いく治療と投薬を受けています。
『美味しいもの食べて、頑張ろうね。』
主治医がアイビーにかけてくれた言葉です。
わたし達夫婦も同じ気持ちでおります。
完治は出来ずとも病と共存し、苦痛は最小限に、美味しいものを食べて、残された時間を
穏やかに送って欲しいと願っています。



現在、投薬は、食事に薬を混ぜても一緒に食べてはくれないので飲ませてあげています。
小さな粒ですが、すごく嫌がります。
元は繁殖用に飼育されて居たところ、高齢となり3年前に放棄、保護され我が家に来ました。
飼育管理が、ずさんであったのだろうと推測され、歯が一本もありません。
ですが、渾身の力を込めて毎回、指を噛みます。

匂いにもとても敏感になりました。

腹部、脳、口内と様々な腫瘍を抱えていますが、主治医によれば、今後の経過予測として
口内の腫瘍の進行により、食べものを食べられなくなることが寿命に対して一番影響を
与えるだろうとのことでした。
このような状態ですが、今服用のお薬を続けながら出来ることはあるでしょうか?
また、短期で試す(効果と言うより飲ませられるかどうか)ことは、可能でしょうか?


残された時間がそれほどない。かもしれない中で、漢方薬等、出来ることを望むことは
意味があることなのか。。
率直な感想と、提案を、
お忙しいとは思いますが、どうぞよろしくお願い致します。



りんごの木さまへ

はじめまして。
ご丁寧に経過説明していただき、状況がわかります。
終末医療のステージで、うまく抗がん剤をつかわないようにして、治療してきていますね。
よくやっていると思います。
助言できることがあまりないと思いますが、
あえていえば、ステロイドを毎日に飲むのは、よい死に方の妨げになると思います。
かといって、食欲もなくなるし、難しいですよね。
私は、そこで、漢方薬という代替があるので、それで、自然になくなるように
治療しますが、果たして、それが間に合うかどうか、という段階ですね。

お試しになられたければ、一度、お電話でお話しさせてください。

ではよろしくお願いします。

Hペッツクリニック東京
Doctor H
**************************************************************************

結論としては、漢方治療は行わなかった。

返信の後、アイちゃんの様態は加速度的に悪化していったことも大きかったけれど、
治療できる病院との物理的な距離も大きい、漢方薬が届いたころにはまた別な症状が
出たりするとすぐに対応出来ない。

粉状の薬を病気の進んだ愛犬に服用させる難しさもある。
錠剤ならいいのにね、
でも、アイちゃんはきっと渾身の力で、カミカミするでしょ?

アイちゃんがいなくなった後も、わたし指にはカミカミの名残りの青タンが随分長い間
残っていたけれど、その痛みすら薄らいでいくことが寂しくて、、
大好きだもん、アイちゃん♡

→続きを読む

テーマ : 犬のいる生活
ジャンル : ペット

プロフィール

りんごの木

Author:りんごの木
Beagle☆Bagelへようこそ!

Blogup☆Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
シニア~ズのアルバム
東日本大震災犬猫レスキュー
今日の空模様
先住通いワンコさん

なまえ ルーキー
誕生日4月19日
16歳の女の子

シニア~ズのリーダー
1996.08.04 家族になる
通称 ルーちゃん
趣味 食べること&お散歩

2012.05.08 お星さま☆になる

同居ワンコさん

なまえ ベル
誕生日10月10日
11歳くらいの女の子

静岡県からお嫁入り
2008.12.02 家族になる
通称 おべーちゃん
趣味 オット&食べること&寝ること

2010.05.25 お星さま☆になる

同居ワンコさん

なまえ フリーダ
誕生日07月06日
14歳くらいの女の子

千葉県からお嫁入り
2010.07.20 家族になる
通称 フリさん&ブっ子ちゃんブーさん
趣味 おばちゃん♡&食べること

2017.01.29 お星さま☆になる

同居ワンコさん

なまえ アイビー
誕生日07月21日
13歳くらいの女の子

ルーベル地方からお嫁入り
2010.07.21 家族になる
通称 アイ&ポコピン
趣味 食べること&オチリ嗅ぎ

2013.10.05 お星さま☆になる

同居ワンコさん

なまえ たけちゃん
誕生日03月18日
14歳~15歳くらいの男の子

茨城県からお婿入り
2014.03.26 家族になる
通称 たけお&お爺ちゃん
趣味 食べること&お散歩&寝ること

同居ニャンコさん

なまえ かりん(三毛)
なまえ なつめ(クリーム)
誕生日06月??日
1歳の女の子と男の子

放浪生活を経てお庭から保護
2015.11.23 家族になる
通称 みけちび
只今、家猫修行中!!

いつでも里親募集中!
里親になろう!
ペットのおうち
新しい出会いのカタチ
保護犬、保護猫の譲渡 里親マッチングサイト Veterinary Adoption
保護動物情報
飼い主を探している動物達の情報
新潟動物ネットワーク
新潟動物ネットワーク
新潟動物夜間救急センター
新潟県長岡市にある犬猫の夜間救急動物病院です
ポチっとな!
犬ブログへGo!
分家ブログへGo!
りんごの木のブログへ
ブログリンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

さくらちゃんを探しています
o0160012010384817720.gif
お気に入り
ポチの幸せ
愛犬の健康をサポートするプレミアムドッグフード専門店
記念日におすすめ
犬用ケーキ犬用おやつの専門販売店LOVINA
記念日におすすめ
犬用ケーキ・猫用ケーキ無添加手作りおやつ専門店☆
ぺそぎん時計
月別アーカイブ
FC2カウンター
アクセスカウンター
人間だったら?のルーキー
人間だったら?のベル
人間だったら?のフリーダ
人間だったら?のアイビー
人間だったら?のたけ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ninja
QRコード
QRコード
忍者バリアー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。